会社社史
明治32年1月
富永機輔により創業
昭和14年6月

戦時統制経済の実施により(株)富永商店に組織替えの上、

富永鋼業(株)(現日鉄住金鋼板(株)の前身)の専属機関店となる

昭和23年7月

旧三井物産の解体に伴ない、同社金物部員を中心とする有志を吸収し、

社名を富永物産(株)と 改称して新発足、貿易再開と共に当初の鉄鋼、

非鉄金属を主体とした国内販売から輸出入分野にも進出、 資本金300万円

昭和25年6月 資本金1,000万円に増資
昭和25年10月

米国ゼネラルモーターズ社のディーゼルエンジン部門日本全国販売権を

獲得し、以来営業の主体は逐次機械部門に移行

昭和26年9月 資本金3,000万円に増資
昭和45年1月 本社を大阪市より東京都中央区日本橋に移転
昭和45年7月

千葉県船橋市にDDC(GM)ディーゼルエンジンサービス工場建設

(現船橋事業所)

昭和45年9月

ゼネラルモーターズ社アリソン産業用パワーシフトトランスミッション

代理店契約

昭和46年2月 名古屋市西区に名古屋営業所開設(プラント機械事業部直轄)
昭和47年10月 資本金6,000万円に増資
昭和49年1月

兵庫県姫路市にDDC(GM)ディーゼルエンジンサービス工場建設

(現姫路事業所)

昭和51年4月 資本金1億2,000万円に増資
昭和52年10月

ゼネラルモーターズ社アソリンガスタービン部門産業用ガスタービン

代理店契約(現 ロールスロイスアリソン社)

昭和53年10月

福岡県福岡市にDDC(GM)ディーゼルエンジンサービス工場建設

(現九州事務所)

昭和54年7月 大阪府大阪市内に部品センター開設、後池田市に移転
昭和56年10月

建設業鋼構造物工事業(都知事般-56第61933号)認可取得、

プラント設計工事に進出

昭和57年2月

米国ストラトコ社との技術提携により STRATCO GREASE

CONTACTOR(グリース製造反応釜)の日本 に於ける製作権を取得

昭和61年1月

ゼネラルモーターズ社アリソンAT、MT、HTオートマティック

トランスミッション販売、サービス開始

平成2年12月 兵庫県神戸市中央区に神戸営業所を開設。後明石市に移転
平成3年4月 福岡県古賀町へ九州事業所新築移転
平成 7年11月 大阪府泉南市へ部品センター移転し、 パーツセンターと改称
平成 8年5月 千葉県松戸市にサービスセンター開設(プラント機械事業部直轄)
平成10年2月 米国コーラー社ディーゼル発電機販売 、サービス代理店契約
平成10年4月

ダイムラークライスラーグループのMTU社製ディーゼルエンジン販売、

サービス代理店契約

平成12年10月

ダイムラークライスラーグループのMTU社製シリーズ099、183、396、

2000、4000 の販売、サービスに関する日本総代理店権を取得

平成16年4月

千葉県船橋市西浦へ船橋事業所新築移転

平成16年5月

ISO9001:2000 認証取得

平成16年11月

兵庫県姫路市へ明石営業所を移転し、GTサービスセンターと改称

平成21年3月

ニュージーランドHAMILTON社よりウォータージェットの販売と

サービスに関する日本総代理店権を取得。

平成23年12月

東京本社移転(新住所 : 東京都中央区日本橋本町 3 丁目 6 番 2 号)

 

 

Tohmatsu,JAB認証